Home > 医師って何?

医師って何?

医師の仕事とは、病院などの医療機関において、
患者の診察および治療という医療行為を行う中心的役割を担うことです。
医療機関においては、医師の判断がなければ行えないことが数多くあります。
それだけに、大きな責任感を伴う仕事ではありますが、
その見返りとして、給料は総じて高めとなっています。

このように、医療機関では欠くことのできない職種である
ともいえる医者ですが、医者になるには、
まず、国家試験に合格しなければなりません。

医者になるには、大学の医学部、または医科大学の6年の過程を修了したあと、
医師国家試験に合格する必要があるのです。
さらに、国家試験に合格したあとも、臨床研修医として2年以上働き、
実務経験を積む必要があります。

医者の中には、あえて医療行為をせず、医学関連の研究を続ける
研究者としての道を歩む人もいます。
また、医者として働く道には、大学病院などの大きな病院に勤務する場合と、
自分で病院を開院して、医業を行いつつ、病院も経営するという場合の二つがあります。