Home > 理学療法士って何?

理学療法士って何?

理学療法士は、主に病院では、PTと呼ばれています。
理学療法士の資格は、専門学校にかよい、
勉強した後に国家資格試験を受けて、取得することができます。

専門学校では、3年間の理学療法についての知識を学びます。
筋肉の名前や動き、そして人体のすべての骨の名前などを覚えることが
勉強の中心となります。3年間の専門学校を卒業して、
理学療法士の国家資格を受けます。その国家資格に合格すれば、
理学療法士となって、働くことができます。

主な就職先は、病院のリハビリ科です。
就職は、専門学校が斡旋してくれる場合もありますし、
自らが病院の募集要項をみて応募する場合もあります。
理学療法士の主な仕事は、事故や病気などで、体の機能が弱っている
患者さんに正しい体の動かし方などの指導を行います。

具体的には、歩行訓練などをします。それぞれの患者さんにあった、
体の運動の訓練のスケジュールをたてて、運動機能を向上させたり、
低下させないようにします。