Home > 診療情報管理士って何?

診療情報管理士って何?

医療現場には多くの医療従事者がいますが、その中で
診療情報管理士という呼ばれ方をするプロフェッショナルがいるということは、
あまり知られていないのではないかと思います。

こうした人たちの実務内容は、その名の通り、
診療に関する情報の管理ということになります。

診療情報管理士は、医師が患者の症状を記録する書類、
いわゆるカルテと呼ばれるものや、
検査の結果を記した記録をファイルにしたもの等を、
患者ごとに管理します。
そしてそれを必要に応じて医療現場に提供していくことが、
主な実務内容になります。

必然的に診療情報管理士の就職の場は、
大きな病院ということになると思います。
もちろん、個人経営のクリニックにおいても仕事はできるでしょうが、
やはりより多くの患者が訪れ、専門的な検査が行われる大きな病院の方が、
その知識や技能をいかんなく発揮できると思います。

この場合も、医療従事者専用の求人サイトで探すのが、
効率よく就職先が見つかるのではと思います。