Home > 医療ソーシャルワーカーって何?

医療ソーシャルワーカーって何?

日本では高齢化が進み、在宅で医療を受ける人が 増えてきています。
在宅医療では、医師や看護士、 ケアマネージャーといった多くの人が関わってきます。

医療ソーシャルワーカーも、在宅医療の患者や家族の 相談に乗ることが主な仕事になって、
在宅医療に欠かせない存在になります。
在宅医療は、市町村レベルで行われていることが多いため、 医療ソーシャルワーカーが地域での
責任者の役割を 果たす場合もあります。
責任者として、情報交換が不足しがちな医療や介護 との連携を強化して、
地域間の格差をなくしていきます。

現在、国では全国で7000人以上の在宅医療の地域責任者 を配置する計画があるようです。
これにより、各地域で 24時間体制の在宅医療や介護が受けられるようになっていきます。
今の日本では、高齢者が病院で長期入院することが多く、 病院施設不足が深刻化している
状況があります。 しかし、医療ソーシャルワーカーの増加などで、
在宅医療のサービスを充実させることによって、
今後、在宅で医療を受ける人が増えていく可能性が出ています。